鼻炎

乳酸菌を摂っても軟便続き

便の調子がいまいちと言うとき、特に軟便が続くので困っていると言う方はいるのではないでしょうか。
軟便というのは、普通の便の状態よりも明らかに柔らかい状態が続くのが軟便です。
こういうときには乳酸菌を摂ることが効果的といわれています。
ですが、乳酸菌を摂っても軟便が続く場合どうすればいいのでしょう。
そもそも、軟便とはどのようなものを言うのでしょうか。

軟便と反対の便秘の症状の場合も、消化器官が影響していることがありますが、軟便と便秘ではその原因もメカニズムも大きく変わってきます。
便秘の場合には、食物繊維が不足しているといったことが原因であるケースが多いですが、軟便の場合は、消化器官そのものの働きの低下が大きく影響していることが考えられるのです。
消化器官に異常があると、食事のときに必要とする栄養素を食べ物から摂取することが出来ないため、体内に吸収するべき栄養素を取り込むことが出来なくなってしまいます。
これが原因で、悪玉菌が増殖してしまうわけですが、結果的に便が思い通りの形を作ることが出来なくなり、無駄に水分が含まれた軟便が出来てしまう訳です。

軟便を解消させるためには、ビフィズス菌、あるいはガセリ菌といった、乳酸菌が高い効果を持っているといわれています。
これらは、ヨーグルトなどに多く含まれている菌です。
ビフィズス菌には腸内の悪玉菌を減少させることが出来ますし、ガセリ菌は乳酸菌を助けるサポートをしてくれるため、双方の力によって腸内環境を整えることができます。
ちなみに、乳酸菌を摂っても軟便が続くという場合ですが、可能性としては乳酸菌を摂取してもカバーできないような問題が体内で起こっていることが考えられます。
もしくは、乳酸菌を摂取しすぎたことにより、腸内環境が活発化しすぎたことが原因で軟便が起こっていることが考えられます。

いずれにせよ、数日様子を見るのもいいと思われます。
ただ、本当に全く症状が改善させる余地が無ければ、おとなしく病院に行ってみて、検査を受けてみるといいでしょう。
何が原因かも分かると思いますし、きっと安心も得られることでしょう。
もしかしたら乳酸菌を疑うこともあるかもしれませんが、乳酸菌は腸に良いことは間違いありませんから、摂取することに対しては全く問題はありません。