鼻炎

善玉菌を増やす方法

乳酸菌のひとつとして知られる善玉菌と言えば、腸内環境の改善を行ってくれるものとして知られています。
また、体の健康状態を保つためにも大きな役割を果たしているのが、この善玉菌です。
腸内には、他にも悪玉菌が存在しており、この2つのバランスが崩れることで体内に不調が生じてくるため、常に善玉菌については意識してあげなくてはならないのです。
とはいえ、善玉菌を増やす方法を知らないと言う方は多いのではないでしょうか。
効果的に善玉菌を増やすための方法はどのようなものかを紹介していきます。

最初に意識すべきなのは、腸内にいる善玉菌を増やすことですが、それには、善玉菌が必要とする栄養素を含んだ食品を摂ることが大事になります。
乳酸菌の栄養源として摂っておきたいのは、食物繊維とオリゴ糖です。
食物繊維はイモ類、豆類、穀物はもちろん、きのこ類、海藻類、更にはごぼうや人参、こんにゃくなどに多く含まれていますから、比較的摂取しやすいものと言えます。
腸を刺激して便通を改善させてくれる効果を持っていますから、腸内環境にとって良い働きをしてくれることが期待できるのです。
ダイエットなどの際にも食物繊維は多く取り入れられますが、これは上述したように、腸内環境を整え、体の中をキレイにしてくれる効果が期待できるためです。
食物繊維には、大きく分けて、水に溶けにくい不溶性と、水に溶ける水溶性の2種類があります。
それぞれ、ざらざらしている、ネバネバしているといった特徴があり、どちらも腸内環境を整える働きを持っています。

一方、オリゴ糖は、大腸まで届くことにより善玉菌の栄養源になってくれるものです。
ごぼうやたまねぎ、とうもろこし、大豆、ねぎなどはもちろん、牛乳やバナナ、蜂蜜などにも含まれているものです。
善玉菌を増やすことを考える場合には、腸内にある善玉菌を増やすこと以外にも、外から善玉菌を摂ることを考えるのも効果的とされています。
ヨーグルトやチーズに発酵食品などを摂ることが効果的とされています。

ちなみに、関係ないと思われる日常生活の習慣も腸内環境に影響してくるところがあります。
ストレスが悪玉菌を増やして腸内環境のバランスを乱している点もあるのです。
ですから、バランスが取れた生活はもちろんのことですし、適度な運動でストレスを溜めないようにすることも大切となるのです。
そのためにも、軽いウォーキングなどから始めてみるのも健康にはとてもいいことなのです。