鼻炎

乳酸菌でガスを放出できる

ガスがお腹に溜まって困っていると言う方は多いでしょう。
こうなると何気に辛いものですし、状態によっては痛くて眠れないこともあると思います。
では、どのようにすればガスを放出させることが出来るのか、お腹にガスがどうして溜まるのかということとあわせて紹介します。

まず、ガスが溜まる原因についてですが、これは腸の働きが弱っているということが理由として考えられます。
腸内には腸内細菌というものがあるのですが、送られてきた内容物を栄養素に分解する過程でガスを生み出します。
このガスは普通はおならとして体外に放出されるのですが、腸内環境が乱れてしまうことにより、ガスが異常発生したり、ガスの排出がうまくいかなくなることでガスが溜まりやすくなってしまいます。
普段の生活スタイルに関しても影響があり、長時間座ったままの人や、きつめの下着を着けているという人もガスが溜まりやすくなるという傾向があります。
また、生まれ持っての体質として、ガスが溜まりやすいケースもあるようです。
このような方の場合、常にお腹が張ってしまい、痛みを感じることもあるかもしれません。

お腹の中にずっとガスが溜まったままになっているのは辛いものでしょう。
それを排出させるためには、善玉菌を増やしてあげることが大切です。
そのためにはヨーグルトやチーズ、そしてキムチなどの発酵食品を食べることが効果的とされています。
他にも、味噌やぬか漬け、塩麹などにも多くの乳酸菌が含まれています。
これらの食品を積極的にとることで、腸内にある乳酸菌が活躍してくれ、便秘解消やガスがうまく体外に放出されるのを助けてくれるのです。
手っ取り早く行くのならば、乳酸菌のサプリメントを使うのも効果的です。
食事で摂取しにくい、時間が足りないというときには最適とされています。
とくに、仕事などで忙しくて料理をする時間がない方などは、サプリメントを使って摂取するのが効率的でしょう。

ガスがお腹に溜まっているというのは、思ったよりも実感できるものですし、どことなくイライラしてしまうものです。
それがすっきりと解消されれば気分もさわやかになりますし、体調もよくなるでしょう。
そのためにも、乳酸菌の入った食べ物やサプリメントの摂取は常に意識するように心がけたいものです。
手軽に購入できるものばかりですから、ガスに悩んだら乳酸菌を試しましょう。