鼻炎

体内の乳酸菌が不足したら

人間の体にとって、乳酸菌は大事なものです。
腸内環境を整える働きがありますから、健康維持にとって役に立つものです。
ですが、これが不足することによってどのようなことが起こるのかご存知でしょうか。
実際、どのようなことが乳酸菌が不足することによって起こるのかについて紹介していきます。

最初に知っておくべきことは、乳酸菌が不足している状態というのは、腸内にある善玉菌が不足し、悪玉菌が増えている状態ということを覚えておきましょう。

腸内の菌の数はある程度決まっています。
善玉菌が増えたら悪玉菌が増えますし、その反対もあり得る話なのです。
善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまったときに起こる症状についてですが、まず腸内が腐敗してしまうというものがあります。
腸内が腐敗すると、体臭や口臭がきつくなる、おならや便が臭くなる、といったことが起こりえます。
最近口臭が気になってきた、という方は、もしかしたら悪玉菌の減少が原因かもしれません。

また、悪玉菌が増えることにより、腸内の有毒成分が増えてしまうことが原因で、肌荒れやアレルギーの原因はもちろん、悪い場合には心臓病や糖尿病に、脳梗塞やがんなどの病気になることもあり得るのです。
さらに、消化吸収の力や免疫力も弱まってしまいます。
乳酸菌が不足すると、消化吸収能力が低下してしまい、食べ物の栄養素を十分に吸収できなくなってしまうことにより、老化やアレルギー、あるいは肥満の原因になる可能性もあるのです。
免疫力の低下によって病気になりやすい、アレルギー反応が過敏になる、食中毒にかかりやすいなどの症状が出てきますし、がん細胞も出やすくなるとされています。
これ以外にも、蠕動運動が悪くなる、ホルモンバランスの乱れが生じるなどの問題が起こります。

乳酸菌が不足するだけで、こうした症状が出る可能性があるのです。
毎日の健康維持のことを考えるのならば、普段から意識して乳酸菌を摂ることが大事ですし、不足しないような食生活を考えることが大切ですね。
そのためにはヨーグルトや乳酸菌サプリメントを摂る以外にも、運動や生活のリズムを整えることも忘れないようにしたいところです。