鼻炎

酵素と乳酸菌の違いとは

体にとって大事なものとして知られる酵素、そして乳酸菌というものがあるのですが、この2つの違いというのは何なのでしょうか。
この2つはどちらも役割が異なるのですが、これを知ることによって効率よく活用することが出来るはずです。
それでは、酵素と乳酸菌の違いについて紹介していきます。

まず乳酸菌というのは、腸内で活動する細菌のことを言います。
ブドウ糖やオリゴ糖などの分解を行い乳酸を作ることにより、体にとって必要なエネルギーを作り出す働きを持っています。
その主な働きは、腸内環境を整える、ウィルスからの免疫増強、便の流れをスムーズにする、消化吸収の効率を高める、などが挙げられます。
また、乳酸は腸内を弱酸性にする働きがありますから、悪玉菌が住みにくい環境を作り出すことによって腸内環境を整えてくれるのです。
乳酸菌で腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えることができます。

これに対して酵素は、体の中に入った食べ物を消化分解する役割を持っています。
また、呼吸や運動、さらには思考に至るまで幅広い働きを担う、体にとっては欠かすことのできない存在です。
ホルモンや新陳代謝に至るまで、酵素が正常に働くことによってサポートしてくれるのです。
代謝を高めたり、排泄などに関わる部分のサポートをしたりしているのも、この酵素です。
神経痛や冷え性などの改善効果、脂肪の燃焼効果といったことへの効果も期待できます。
さらに、女性にとって嬉しいのは、お肌への良い影響も与えてくれる点です。
アンチエイジングをしたい女性にとっても酵素の摂取はオススメと言えます。

このように、乳酸菌も酵素も、私たちの体内にとっては必要なものとなります。
どちらかが欠けてしまうと悪影響が出てしまうものですから、十分な管理が必要となります。
ちなみに、年齢と共にどちらも減っていってしまうものですから、食事や乳酸菌サプリメントなどでしっかりと補給してあげることも大切になります。
味噌やしょうゆ、漬物に納豆などの発酵食品を塩分の摂りすぎにならない程度に食べるようにするといいでしょう。

乳酸菌サプリのランキングも参考にご覧になるといいかもしれません。